グリーンIT、環境適応車、カーボンオフセットなど
省エネ、地球温暖化防止に関する難しい言葉が最近増えています。
そういった難しいエコ用語を分かりやすくがモットーです。

エコライフ
エコ

家庭用エネルギーシステム

東北大震災による福島原発の事故で
東京電力管内は、2011年の夏、深刻な電力不足が心配されています。
政府は、家庭にも15〜20%の節電を呼びかけ。

そうした状況を受け、東芝・パナソニック・エリーパワーなどの
家庭用蓄電池を開発・生産メーカーは販売を急いでいるようです。


●東芝の家庭用蓄電池

5分間で充電出来る急速充電や、6000回以上充電可能な
東芝開発のリチウムイオン電池を使用。
コンセントにつなぎ充電・放電する。
蓄電能力は、1キロワット時・3キロワット時・5キロワット時
の3種類で、持ち運び可能とのこと。

どれくらい電気が使えるのかというと
5キロワット時だと、15畳用のエアコンを約6時間動かせる電力量。

発売時期は2011年6月ごろの予定。
値段は、1キロワット時で40〜50万円ぐらい。


●パナソニックの家庭用蓄電池

円筒のリチウムイオン電池をたくさん連結させている構造。
太陽光発電などとつないで蓄電する。

発売時期は2011年度中の予定。


●エリーパワー(出資:大和ハウス・シャープほか)

持ち運びが可能なタイプで、蓄電能力は2キロワット時。
2011年の秋ごろの販売予定。


家庭用蓄電池のメリットとしては
昼間の電気代より3分の1も安い「23時〜7時まで」に
充電・蓄電して昼間その電気を使えば、電気代が安くなること。
さらに、それは昼間の電力使用ピークの分散にも役立ちます。

それから、計画停電などで停電になった時に使えること。


今までの家庭用蓄電池は、余剰電力を電力会社に売ることでの差益が
クローズアップされてきた向きがありましたが
その流れは変わりそう。



販売の方では、家電量販店のヤマダ電機が4月15日から
家庭用の大型蓄電池の販売を始めるようです。

ベンチャー企業・エジソンパワーというメーカーの蓄電池で
1キロワット時と2.5キロワット時の2種類。
値段は80万円、180万円らしい。

1キロワット時の蓄電池はフル充電が3時間。
500リットルの省エネ冷蔵庫5時間分だそうです。




あと、パソコンでのリチウムイオン電池の発火などありましたし
安全性がどうなのか?どう設計されているのか?
そのへんも知りたいところです。

それに政府が、家庭用蓄電池に対して補助金を出すかということも
気になります。

家庭用エネルギーシステム。
エネゴリ君をはじめ、いろいろとCMで流れています。

しかし、何がどうなのか?
どういった特徴があるのか?
いまひとつよくわかりません。

そこで、主要な家庭用エネルギーシステムである
エネフォーム・エコウィル・エコキュートを
比較してみることにしました。

何回かに分けて、書いていきます。


まず、事業主体

エネフォーム(家庭用燃料電池):
新日本石油・東京ガスなど
2009年5月より発売

エコウィル(家庭用ガスジェネレーションシステム):
東京ガス・大阪ガスなど
2005年より発売

エコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給油器):
東京電力・関西電力など
2001年より発売開始


家庭用エネルギーシステムは、ガスと電気が軸になっています。
主な特徴は、次回。
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●