グリーンIT、環境適応車、カーボンオフセットなど
省エネ、地球温暖化防止に関する難しい言葉が最近増えています。
そういった難しいエコ用語を分かりやすくがモットーです。

エコライフ
エコ

省エネ節約術:省エネ住宅

省エネ快適エコライフです。

省エネ住宅の断熱性は、壁も重要な対策ポイントです。
住宅の新築時やリフォームの時に、壁の断熱対策をしておくことで
冷暖房の効果を高めることができます。

その壁の断熱には、外張り断熱と充填断熱があって
充填断熱は、内断熱とも呼ばれています。
柱と柱の間に断熱材を入れるという方法です。

日本でも主流の方法で
多くの木造住宅は、この充填断熱の工法を用いています。

充填断熱の長所は、冷暖房の際に建物自体に熱を奪われにくいこと。
冷暖房効果を上げやすいのです。

しかし、柱や梁は断熱材を入れることができません。
そのため、外気の影響を受けやすくなります。
さらに、断熱材を分断して入れるため隙間が出来やすいです。
そういうところが、短所となります。

次に外張り断熱。
外張り断熱は外断熱とも呼ばれています。
住宅の基礎から壁、屋根に至るまでの
建物全体を断熱材で外側から包む方法です。

この外張り断熱の工法は、住宅全体が断熱層の内側に入るので
夏は外気の影響を受けにくくなり、冬は温まると冷えにくい
というのが長所です。

あと、結露が発生しにくいので、建物の耐久性も高くなって
気密性が確保できるというところも、注目されています。

外張り断熱の工法の短所としては
断熱材を含んだ建物全体の冷暖房効果が上がりにくいこと。
さらに、外張り断熱の断熱材は比較的値段が高く
全体のコスト高につながるということです。



どちらの工法にしても、信頼できる設計者、施工者に
工事を頼むことが、質の高い省エネ住宅を建てるためには
大切なことですね。




省エネ快適エコライフ

省エネ快適エコライフです。

省エネ住宅の屋根や壁、床などは断熱材で充填されています。
その断熱材とは、熱の伝導移動を少なくするための建築材です。

熱は、静止している空気を間に挟むことで移動を抑えられます。
断熱材も同じで、空気を閉じ込める構造で
熱の移動を抑えているわけです。

住宅で使用される断熱材には、いろんな種類があります。
代表的な断熱材と特徴をみていきましょう。

●グラスウール
ガラス繊維で作られたもの。
安価で耐熱性・耐久性・吸音性に優れています。
現在多くの住宅建築で使用。

●ロックウール
不要になった鉱物を繊維状にして作られたもの。
これも安価で耐熱・耐久性に優れ、高い吸音性があり。

●ポリスチレン
樹脂系の断熱材。
ビーズ法、押し出し法があります。
樹脂系の中では安価で軽量。
耐水性に優れています。

●フェノールフォーム
フェノールのいう合成樹脂を使った断熱材。
独立気泡で形成され安定性が高い。
長期間、断熱効果を発揮。

●セルロースファイバー
新聞紙などの古紙をリサイクルして作られたもの。
環境に優しい断熱材ですね。
断熱性、防音性、調湿作用に優れている。
ヨーロッパなどで広く普及。

●インシュレーションボード
木材繊維でつくられたもの。
エコ断熱材のひとつ。
断熱性に優れ、調湿作用あり。


これら以外にも麻、絹などの植物繊維や動物繊維で
作られたものがあります。

省エネ住宅の断熱性能は、断熱材だけではありません。
施工方法とも深く関わっていますから
断熱材の性能を最大限に発揮するためには
住宅にあった断熱方法、施工者を選ぶことも大切ですね。




省エネ快適エコライフ
省エネ快適エコライフです。

家の窓は、外気や日射しを取り入れるためには欠かせません。
でも、窓は熱伝導がよいところ。
外気の寒さや暑さまで室内に影響します。

なので、窓によっては室内の冷暖房効果を下げることもあるわけです。
それって、エネルギーの損失ですよね。



住宅の断熱性は、窓ガラスの性質とも大きく関係しています。
省エネ住宅には、省エネ効果の高い窓ガラスを。

一般的に、住宅の窓ガラスに使用されているものは
フロート板ガラス・型板ガラス・編み入りガラス・合わせガラス
複層ガラス、真空ガラスなど。
中でも断熱性の高いガラスは、複層ガラスや真空ガラスです。

真空ガラスは、2枚のガラスの間に真空層をつくったもの。
真空は熱を伝えない、ということから開発された窓ガラスです。

複層ガラスは、2枚以上のガラスの間に空気やガスを入れてつくったもの。

真空ガラス、複層ガラスなどは
断熱を目的に開発されたガラスですから
高い断熱効果を発揮します。

省エネ意識の高いヨーロッパやアメリカでは
多くの住宅の窓で複層ガラスを取り入れています。
日本でも、近年、新築住宅に真空ガラスや複層ガラスの
採用が多くなっているようです。

窓ガラスを選ぶ際は、設置後の冷暖房効率など
住居の環境をしっかり考えて、総合的に検討することが大切。

また、窓ガラスにシートを貼り付け
冷暖房効率を上げる商品も開発されています。
そういう商品も選択肢の一つと考え
住宅の省エネ対策を考えたいですね。





省エネ快適エコライフ
省エネ快適エコライフです。

省エネ住宅は、断熱性・気密性が高い住宅ですから
隙間のない構造になっています。
隙間のない構造は、冷暖房効果を高め省エネには効果的ですが
反面、住宅内に発生する大量の湿気が問題になります。

湿気は調理・入浴・暖房などいろんなところから発生。
通気の悪い場所に溜まります。
それがカビ・ダニを繁殖させ、健康に悪影響を及ぼすというわけ。
省エネ住宅では特にしっかりと、湿気対策を行う必要があるのです。


天気の良い日に、複数の窓を開放して風を通す方法は
最も健康的な省エネですが、ままならない場合もあるでしょう。

他の方法として必要換気量を計算し
それに見合う換気設備を設置することで
湿気を排出する方法もあります。

湿気のこもりやすい床下には、床下用換気扇で強制的に排気。
床下のカビ・床面からの湿気の流入を防げます。
除湿機やエアコンの除湿機能の利用も効果的。

押入れや天井裏などの狭い部分には
市販の吸湿材が有効で、とても便利です。

生活を配慮することでも、室内の湿気を抑制できます。
例えば、雨の日には室内に洗濯物を干さない。
雨天は、換気の効果が低いですから
室内に湿気を発生させないことが大切なのです。

室内の観葉植物水槽も湿気を発生させるもと。
開放型ストーブなども避けた方がよいものです。

室内の湿度は40〜60%が望ましいといわれています。
定期的に湿度計で測定しながら
ぞの湿度に合った湿気対策で、適切な環境を保ちたいですね。


省エネ快適エコライフ
省エネ快適エコライフです。

住宅の窓の役割。
その一つに、太陽の光と熱を取り入れるということがあります。
室内の温度は、外気の侵入が大きく影響しますから。

窓は隙間が出来やすいところだし、日射しが入る場所。
壁と比べて熱伝導もよい部分でもあります。

現代の住宅は、昔と比べて性能が良くなりました。
それは、窓ガラスからの熱気・冷気の侵入と損失が研究され
改善されているからです。

住宅メーカーの調査では
夏は外の熱が窓から53%室内に侵入
冬は暖かい空気が37%流出
という報告もあります。

なので、省エネ住宅の建築には
窓にはペアガラスや断熱サッシが、多く利用されています。
ペアガラスとは、2重ガラスのことで
空気を閉じ込め、窓の断熱性を高めるために開発されたものです。

ペアガラス以外にもガラスには、いろいろな種類があります。
そのガラスによって、省エネの効果も変わるわけです。

また、窓枠も断熱性の高い構造の物や
断熱効果の高い木や合成樹脂で、できた物もあります。
ガラスと窓枠の断熱性と住宅環境を総合的に判断して
住宅に必要な窓が決まるわけです。

それ以外にも、窓の数や位置によっても
断熱効果は変わってきます。

窓の数は、同じ室内に2箇所以上あると風通しがよくなるし
窓の位置は、夏の遮光と冬の日射の両面を考慮すると
低い位置が適当です。

省エネ住宅は、窓対策が重要なポイント。
窓を有効に利用し、冷暖房に頼り過ぎない生活を心掛けたいですね。

省エネ快適エコライフ
省エネ快適エコライフです。

住宅では、エネルギーを消費します。
冷暖房、冷蔵庫・テレビなどの家電製品など・・・

その生活での消費エネルギーを抑えられるよう
配慮された住宅が省エネ住宅です。
国土交通省では、エネルギー消費量を抑えるため
省エネ法でその基準を定めています。

省エネ法とは、正式にはエネルギー使用の合理化に関する法律です。
建築物や機械器具で、石油・電力・ガスなどのエネルギーの効率的な
使用促進を目的として制定されました。
この省エネ法の背景には、1970年代の2度のオイルショックがあります。

オイルショックで、産業や生活の省エネ対策が進み
エネルギーの効率的な利用が始まりまったわけです。
しかし、それ以後もエネルギーの消費量は上昇。
1979年に省エネ法が制定されることになりました。

省エネ法は今まで、2度の大改正が行われています。
1度目は1998年。
トップランナー方式が導入されました。
自動車や電気製品の省エネ基準を
最も優れた製品の消費効率が基準になったのです。

2度目は2005年。
消費者が、省エネに取り組むことを促進する規定が整備されました。
最初、省エネ基準の対象品目は
電気冷蔵庫、エアコン、自動車の3品だけでした。
でも現在では。20品目以上にまで拡がっています。

省エネ住宅は、環境にも優しく住む人にも負担の少ない住宅なので
国をあげて省エネ住宅の普及に取り組んでいるわけですね。



省エネ快適エコライフ
省エネ快適エコライフです。
こんにちは。

地球温暖化ガス削減が進められています。
京都議定書では1990年比6%削減が
日本に課せられているのですが
減るどころか逆に増えています。

特にオフィスなどの業務部門や家庭での排出量は
約40%増加です。

そんななか、省エネ住宅に関心が高まっています。
「省エネ住宅」と聞くと何だか
「我慢」「不便」なんてイメージがありますよね。

でも、省エネ住宅とは「エネルギー消費を減らす家」ではなくて
「必要以上にエネルギーを使わなくても、十分快適に過ごせる家」
というのが正しいようです。

快適で暮らしやすく環境にもやさしいのが省エネ住宅
ということ。

この省エネ住宅を経済産業省では
ロハス(Lifestyle of health and sustainability)なハウス
「ロ・ハウス」と呼んでいます。

ロ・ハウスとは上手いネーミングですね。


省エネ快適エコライフ

省エネ快適エコライフです。
こんにちは。

しかし、暑い日が続いていますね。
これも地球温暖化と何か関係があるのでしょうか?

省エネエアコンの売れ行きは、ちょっとわからないのですが
エアコンも売れているようで
消費電力もかなりのもんでしょうね。

省エネは、産業部門は進んでいますが
遅れているのがオフィスビルなどの業務・家庭部門です。

そこで、経済産業と国土交通省は省エネが遅れている
オフィスビルなどの業務・家庭部門向けの支援と規制を強化するようです。

住宅向けの省エネ支援としましては
断熱性を高める改修工事費用の10%程度を
所得税から税額控除するなどの税制改正を求めるといいます。
減税規模は数百億円なのですが、財務省との調整が難航すると予想されます。

2010年の温暖化ガス排出量は、1990年に比べて
少なくとも0.9%増えると政府は見通しを発表しました。
京都議定書の約束である6%はかなり難しそう。

そうすると、排出権の大量購入ということになる可能性も?
試算では、新たに温暖化ガス2000万トンの削減が必要で
これを排出権購入で賄うとしたら・・・
二酸化炭素1トンあたりが約20ユーロですから
1ユーロ160円として640億円・・・ですか。


省エネ快適エコライフ
エネルギーを利用すれば、ほんの少しであったとしても
環境に何かしら負担がかかります。
かといって、エネルギーの利用をやめることはできません。

ですが、エネルギーを効率よく利用すれば
エネルギーの浪費を減らすことが出来ます。

冬になり寒くなれば住宅の暖房にエネルギーを使います。
電気ストーブであったり、石油ストーブであったり。
しかし、古い家などの場合はこの貴重なエネルギーが
部屋から逃げてしまってムダです。

こうしたエネルギーの浪費を防ぐ方法として
最新の省エネ住宅では、屋根や壁に断熱材が設けられています。
この断熱材によって、暖かい空気が外に逃げにくくなり
部屋の温度が下がりにくくなるわけです。

また窓を二重窓にすれば、窓から熱が逃げるのが防げます。
あるいは、窓に特殊ガラスを使うことによって
寒い日には太陽から熱を得て
夏の暑い日には熱を部屋の中に入れないようにできるわけです。

こうした省エネ住宅は、ドンドン進歩しています。

省エネ快適エコライフ

よろしければお願いします。
ブログランキング

 

最近は、地球温暖化防止・省エネの観点から様々な
エネルギーについて研究、利用がなされています。
今日は、その中で地中熱を利用して冷暖房システムを販売する
東京八王子にあるアースリソースについてです。

このアースリソースという会社は、
地中熱を活用した冷暖房システムを戸建て住宅に販売しています。

では、どのように地中熱を活用しているのでしょう?
地中熱のことはよく知らなかったのですが
年間を通してほぼ一定の温度らしいんです。
それを利用するようなのですが・・・

まず、地中約3メートルの深さのところに
特殊なプラスチック樹脂のパイプをらせん状に埋め込みます。
それを地上の熱交換器つなげるんです。

その熱交換器をエアコンの室外機に取り付けます。
地中パイプの中の液体から約17℃の熱を汲み上げて
温度の高くなったエアコンの触媒を冷ますというものです。

これにより、夏のピーク時のエアコンの電気代を
30%以上削減できるようです。
システム価格は、室内機4台・施工代で約150万円。

最近は、色々なエネルギーが見直されています。
台風なんてすごいエネルギーを持っていますから
それを有効活用できたらすごいですね。

よろしければお願いします。
ブログランキング

省エネ快適エコライフトップへ


●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●