グリーンIT、環境適応車、カーボンオフセットなど
省エネ、地球温暖化防止に関する難しい言葉が最近増えています。
そういった難しいエコ用語を分かりやすくがモットーです。

エコライフ
エコ

環境問題:自然破壊

地球温暖化が進んでいます。
そして地球温暖化や環境汚染が世界各国の
観光資源に打撃を与えています。
今日は、そのあたりのことを。

ランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
ランキングはこちら

地球温暖化が、世界各国の氷河・森林・サンゴ礁
などなどの観光資源に深刻な影響を与えていると
日経新聞に報道されていました。

具体的には、アメリカのグレイシャー国立公園。
観光の目玉、氷河が年々地球温暖化の影響で
消えているらしいです。

世界最古の国立公園アメリカ・イエローストーンでは
冬の気温が上がったため、針葉樹に虫が増え
樹木の立ち枯れが増加、針葉樹の種を食べる
ハイイログマの生存の危機が指摘されています。

モルディブの場合は、環境団体の調査によると
砂浜の約半分で海面の上昇により侵食が確認され
水温上昇で珊瑚が死滅し、白化現象も拡大しているそうです。

環境汚染が深刻な中国では、酸性雨の影響で
山西省の大同雲崗石窟内部で仏像にひびが・・・

地球温暖化は、世界でいろいろ影響が出ています。

ランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
ランキングはこちら

省エネ快適エコライフトップへ


四方八方を山に囲まれた地域で
森林と海が密接な関係にあることは
あまり知られていません。
今日は、そんな海と森林の物語です。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします。

海と森林は、どんなに遠く離れていようとも
川を通じてつながっています。

秘境海の水深50メートルの沿岸域は、海全体の1%にも満ちません。
でもそこには、海全体のバイオマスの約70%が
棲んでいるといわれています。
バイオマスとは、魚介類などの動物や海草それに
動植物プランクトンなどの生物です。

何故そこに集まるかというと、栄養分が豊富にあるからですね。
海にある栄養分と川から流れてきた栄養分と。

川そしてもう一つそこに集まる理由として
棲みやすいということがいえます。

そこには、海の森と呼ばれている
海中林があるからです。
コンブ、ホンダワラなどが生息する
海藻の森ですね。

魚の産卵場所として
稚魚の餌場として
外的から身を隠す隠れ家として。
大切な場所なのです。

海藻やプランクトンが成長するためには
窒素とリンが必要です。
川02でも窒素やリンを吸収するためにまず、
鉄が必要。
なのですが、鉄の粒子そのままでは
海藻やプランクトンが吸収しづらいのです。

しかし、森林から川に流されて運ばれてくる鉄は
少し違います。
枯木や枯葉などが微生物によって分解され
腐植土が形成され、その中に含まれるフレボ酸と
鉄が結合しフレボ酸鉄というものにるのです。

このフレボ酸鉄だとプランクトンや海藻は
吸収できるようになるわけです。

海川には、海の100〜1000倍の鉄が
含まれているといわれています。


遠く離れた森林
遠く離れた海は
つながっているのですね。

お気に召していただければ
ランキングへ。

省エネ快適エコライフトップへ


●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●