トップページ改正省エネ法(平成21年)省エネ法改正のポイント
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



改正省エネ法(平成21年)

今回の省エネ法の改正点。

省エネ法、改正前はこうの続きになります。

今までのエネルギー管理は、工場・事業所単位でした。
それが改正されて、企業全体での管理に変わります。

その企業全体の年間エネルギー使用料が
原油換算で、1,500キロリットル以上あるなら
国にそのことを届け出て、特定事業者の指定を受けなければいけません。

コンビニなどのチェーン展開しているところも
事業体単位のエネルギー管理が必要になります。
その合算が、原油換算で、1,500キロリットル以上であれば
届け出なければいけないということです。


では、原油換算で、1,500キロリットル以上って
どれくらいの規模の事業体なのでしょう?
経済産業省資源エネルギー庁と省エネルギーセンターの
パンフレットによると、目安はこうなっています。

オフィス・事務所:約600万キロワット/年
小売店舗 :約3万平方メートル以上
ホテル  :客室数300〜400規模以上
病院   :病床数500〜600規模以上

コンビニ :30〜40店舗以上
ファーストフード  :25店舗以上
ファミりーレストラン:15店舗以上
フィットネスクラブ :8店舗以上


こうしてみると、フィットネスクラブって
エネルギー消費量多いんですね。
プールがあるから、なのかな?


エコ
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●