トップページ省エネ節約術:省エネ住宅ヒートアイランド対策と屋上の緑化
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



省エネ節約術:省エネ住宅

省エネ快適エコライフです。

省エネ住宅の省エネ対策に屋根の緑化があります。
屋根の緑化とは、屋根やルーフテラスに芝生などを植え
緑化すること。
壁を緑化すれば壁面緑化です。

東京都や大阪、名古屋、福岡など大都市では近年
平均気温が上昇しています。
さらに、真夏日や熱帯夜も増加。

これはヒートアイランド現象によるもので
暑さによる睡眠障害や熱中症の増加
それにエネルギー消費量の増大など
いろんな問題を招いているわけです。

ヒートアイランド現象が起こる要因のひとつに
会社や住宅が冷暖房を使うエアコンなどで排出される
熱の増大が指摘されているのですが
屋上の緑化は、こういったヒートアイランド現象に
有効な対策と言われ、今、注目されています。

屋上の緑化は夏は涼しく、冬は暖かく室温を保ち
冷暖房効果を高めることができます。
すなわち省エネですよね。

以前の屋上の緑化は、会社や施設など
特定の場所に限られていた感がありました。
でも近年、ヒートアイランド現象が深刻な東京都では
会社や施設だけでなく、省エネ住宅でも屋上の緑化を取り入れる
ことを奨励しています。



屋根の緑化には、ヒートアイランド対策だけでなく
他にも多くのメリットがあります。

例えば、植物が紫外線を遮るため
紫外線が直接屋根に当たらないので
屋根の資材への負担が減るということ。
つまり、耐久性が向上するということです。

さらに、植物が大気中のちりや二酸化炭素を吸収。
きれいな空気を保てます。

省エネ効果も高く、環境にも優しい屋上の緑化。
これから、どんどんと省エネ住宅に
取り入れられていくことが期待されますね。


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●