トップページ地球温暖化:石油・石炭・天然ガスメタンハイドレートってなに?
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



地球温暖化:石油・石炭・天然ガス

省エネ快適エコライフです。

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は
次世代エネルギーと期待されるメタンハイドレートを地中から
連続して産出する実験に世界で初めて成功した。

日経新聞にこんな記事が載っていました。

で、次世代エネルギーとめされるメタンハイドレートって
どんなエネルギーなんでしょう?
ちょっと調べてみました。

メタンハイドレートは、永久凍土の下や
海底下の砂層にシャーベット状で埋蔵されているようです。
日本近海の四国・九州の南方あたりに
埋蔵が確認されている海域があります。

それ以外の海域も含め、日本近海は
世界有数のメタンハイドレート埋蔵地域らしい。
推定で天然ガス約100年分
約7.4兆立方メートルの埋蔵量があるとされる。


どんなエネルギーなのかというと
水の分子がカゴ状につながった構造に
天然ガスの主成分メタンガスが閉じ込められたもの。

低温高圧という条件では
シャーベットのような固体になります。
それに火を近づけると燃えるので
「燃える氷」という呼び方もされるとか。

ただ、石油のようには噴出しないので
採掘技術が待たれている状態。
それで、今回の記事になったようです。

メタンガスは石油や石炭に比べて
燃焼したときのCO2や窒素酸化物の
排出は少ないエネルギー。

日本近海のメタンハイドレート
今後どうなるのか気になるところですね。



省エネ快適エコライフ
エコ
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●