トップページ環境問題:リサイクルブラウン管テレビのリサイクル料金の引き下げ計画の裏には
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



環境問題:リサイクル

省エネ快適エコライフです。
こんにちは。

2001年に施行された家電リサイクル法。
(特定家電用機器再商品化法。)

この法律は、5年後に見直しに着手するように
計画されていました。
それで、環境省や経済産業省が去年から議論を続けています。

前回に引き続いて家電リサイクル法についてで
今回は、家電リサイクル法の改正予定ポイントについてです。

まず、1つめは
対象品目に薄型テレビ(プラズマ・液晶)と衣類乾燥機を
2008年度から加える。

2つめは
冷蔵庫・冷凍庫、ブラウン管テレビのリサイクル料金の引き下げ
です。

これらの改正計画には、ある理由があります。
それは、不法投棄です。

私も森林の仕事をしていた時には
よく不法投棄を目の当たりにしました。
林道のガードレールから下の谷に向けて
テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などかなり捨てられていました。

この不法投棄の背景には
リサイクル料金を払うのがもったいないという人が
そういうことをするのだと考えられます。

最近は、かなり不法投棄の数は減ってきているようですが
まだ、家電リサイクル法施行前にくらべて約30%も
多い水準のようです。

そして懸念されるのが、2011年の完全地上デジタル波移行。
これにより、地上デジタル波を受信できないテレビが
大量に不法投棄される可能性が予想されています。

それを防止して、適正なルートで回収できるようにするため
ブラウン管テレビのリサイクル料金の引き下げに
つながっていくようです。


省エネ快適エコライフ
エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●