トップページ地球温暖化:温暖化ガス削減中国が米国を抜き世界最大の二酸化炭素排出国に
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



地球温暖化:温暖化ガス削減

省エネ快適エコライフです。
こんにちは。

中国が米国を抜いて世界最大の二酸化炭素排出国になったと、
オランダの政府系環境評価機関が発表したようです。

発表によると、2006年の米国の二酸化炭素排出量が58億トン
それにに対し、中国の二酸化炭素排出量が62億トンだとしています。

以前の報道などでは
中国が米国を上回るのは数年先と言われていたのですが
かなり早まりましたね。


二酸化炭素排出量の増えた理由として
発電のための石炭需要の急増
セメント生産の拡大などとされています。

中国の二酸化炭素排出量が世界最大となれば
地球温暖化対策をめぐり
中国に果たす役割についての議論も
今後さらに大きくなりそう。

中国がどういう政策を打ち出してくるのか
注目していきたいと思います。


省エネ快適エコライフ

エコ
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. 青ポン   2007年06月21日 23:09
国としての排出量は最大となりましたが,一人当たりの排出量は他の先進国と比べるとまだまだ低い水準なんですよね・・・。この点を考慮してあげないと,中国は「そんなのフェアじゃない」と泣いてしまうかもしれませんね。かと言ってここままでも良いわけではありませんが。他国の環境技術の積極的な導入などが必要になってくるでしょうね。
2. 省エネ快適エコライフ   2007年06月22日 19:23
そうですね。
中国は世界1の人口ですもんね。

省エネ技術はノウハウ・企業秘密みたいなところもあって、すんなり渡すわけにはいかないところもあるのでしょうかね。
3. ぽぽぽぽ〜ん   2011年05月11日 20:03
1 わはは
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●