トップページ省エネ節約術:車車のエンジンを切り、給電スタンドで冷暖房
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



省エネ節約術:車

省エネ快適エコライフです。
こんにちは。

これから、夏に向け気温もドンドン上昇していきます。
地球温暖化が叫ばれていますし
今年の夏も暑いでしょうね。

パキスタンでは、最高気温51度を記録し
26人以上が死亡したとニュースで配信されていました。


暑くなると、停車して休んでいる時もエンジンを切らずに
冷房をかけっぱなしにしていないと、暑くて耐えれません。
でも、そうすると二酸化炭素(co2)の排出量が増えて
地球温暖化の原因になり気温が上昇。
で、また冷房・・・
という悪循環に陥ってしまいます。



そこで、中日本高速道路会社と東京電力が共同で
ちょっと面白いサービスを始めるようです。

高速道路のサービスエリア(SA)で
エンジンをかけたまま休憩するトラックを減らすため、
駐車場に設置した「給電スタンド」でトラックに電力を供給。
エンジンを止めても車内を冷暖房できるというサービスです。

東京電力の計算によると
大型トラック1台が、停止したまま1時間エンジンを
かけっぱなしにした時と比較して
二酸化炭素(co2)の排出量を98%削減できるといいます。

98%とは、すごい数字ですね。
さらに金銭面でも燃料代がエンジンかけっぱなしで156円
給電スタンドでは10円と、燃料代節約にもなります。

今後普及する可能性もありますね。


省エネ快適エコライフ
エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●