トップページ地球温暖化:温暖化ガス削減省エネ努力に限界
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



地球温暖化:温暖化ガス削減

人気の環境、保護ブログはこちらから。

2005年に発効した京都議定書。
その中で日本が負う温暖化ガス削減義務は、2008〜2012年度の
平均温暖化ガス排出量を1990年度比で6%減らすことです。

しかしながら、現状は厳しく削減目標が遠くなりつつあります。
2005年度の温暖化ガスの排出量は、1990年度比で8.1%増えていますから。

部門別に見てみますと

■産業部門
1990年度温暖化ガス排出量・・・・4.82億トン
2005年度温暖化ガス排出量・・・・4.66億トン(▼3.3%)
政府目標温暖化ガス排出量・・・・・・4.41億トン(90年度比8.6%削減)

■家庭部門
1990年度温暖化ガス排出量・・・・1.27億トン
2005年度温暖化ガス排出量・・・・1.75億トン(△37.8%)
政府目標温暖化ガス排出量・・・・・・1・34億トン(90年度比6%増以内)

■運輸部門
1990年度温暖化ガス排出量・・・・2.17億トン
2005年度温暖化ガス排出量・・・・2.57億トン(△18.4%)
政府目標温暖化ガス排出量・・・・・・2.50億トン(90年度比15.1%増以内)

産業部門での温暖化ガス排出量の削減が進まないのは
省エネ努力も限界に近づいていて、次の一手が見いだせていないのが一因のよう。

家庭部門では、家電の省エネ機能は増加しているものの
保有台数、世帯数が伸びていることが電力消費増になっていると分析しています。
エアコンの保有台数では、2002年度で1990年度に比べ1.9倍。
世帯数は、2001年度では1990年度比16%の増加。

運輸部門では、乗用車・飛行機の使用が増えたこと。

ケニアで「地球温暖化防止条約締約国会議」が開かれ
2013年度以降の温暖化ガス排出削減量目標や
2012年度までの目標をクリアーできなかった罰則等を話し合うようです。

欧州では、目標未達の企業に罰則の制度を導入したようですが
日本はどうするのでしょうか?

■関連記事
EU加盟国の温暖化ガス「削減目標の達成は微妙」

人気の環境、保護ブログはランキングから。

省エネ快適エコライフトップへ


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●