トップページ省エネ節約術:オフィス、事務所遮熱塗料で屋根や道路の温度を下げ省エネ効果【省エネ快適エコライフ】
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



省エネ節約術:オフィス、事務所

先日、素敵な宇宙船地球号でヒートアイランド東京(都市型ゲリラ豪雨の恐怖)
という番組をやっていました。
東京では夏の風物詩である夕立とは別に、異常ともいえる局地的な集中豪雨。
その都市型ゲリラ豪雨の発生には、加速する東京のヒートアイランド現象と
人々の暮らしが深く関係するようです。
石原良純が進行を務め、都市型ゲリラ豪雨の謎を解明し予測しようとする
研究者たちの姿を追いながら、その発生メカニズムに迫るという内容でした。

今日は、そのヒートアイランド対策のひとつ、遮熱塗装についてのお話です。

モチベーション維持のためランキングに参加しています。
よろしければ、ご協力をお願いします。

遮熱塗料というのは、太陽の光を反射して屋根や路面の温度が
上昇するのを押さえる塗料のこと。
いろいろな条件等でその効果は違いますが、屋根なら10〜15℃
路面で5〜10℃ぐらい温度の上昇を抑えられるようです。

屋根の温度が下がれば、室内温度も下がります。
だいたい室内温度で2〜3度は下がるようです。
室内温度が下がればエアコンの電力消費も減るので、省エネにつながるというわけ。

しかし、この遮熱塗料まだまだコストが割高です。
ただ、東京都や千代田区などで補助金制度もあるようです。

遮熱塗料は、高反射率塗料とも呼ばれています。

近畿の自治体も遮熱塗料の導入が始まったようですので
今後、ヒートアイランド対策として広まっていくでしょう。

モチベーション維持のためランキングに参加しています。
よろしければ、ご協力をお願いします。

省エネ快適エコライフトップへ
エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●