トップページ地球温暖化:エコツーリズム世界遺産熊野古道、エコツーリズム大門坂【省エネ快適エコライフ】
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



地球温暖化:エコツーリズム

世界遺産熊野古道、エコツーリズム那智の滝に続く第2話です。

ランキングに参加しています。
明日への活力よろしくお願いします。。。

さてさて、電車窓からのパノラマビューに別れを告げ
勝浦駅に降り立ちました。
見上げる太陽はギラギラで遠慮というものを知りません。
堰を切ったように汗が噴出してきました。

世界遺産01
JR紀伊勝浦駅から今度は
熊野交通バスに乗り換えです。
熊野交通時刻表・運賃はこちら

ほどなく大門坂に到着です。


世界遺産03写真だけではなかなかイメージ
しにくいところもあります。
そこで動画で大門坂を紹介している
サイトがありますので
動画を見たいという方は
こちら熊野古道名所 那智勝浦町公式サイトへ。


世界遺産04上の写真が大門茶屋。
平安衣装の貸し出しもしています。

少し進むと眼前に大きな杉の木が2本
これは樹齢約800年夫婦杉と呼ばれている杉です。

800年前といいますと
西暦1200年頃ですね。

1200年頃はちょうど平安時代だ終わって
鎌倉時代に変わった頃になります。
年表はこちら日本の歴史を見ようへ

世界遺産05
そんな歴史の生き証人である
杉夫婦の間を抜けると
苔むす石畳が続きます。

日頃運動不足の方は
少し辛いかもしれません。

こういう時期ということもありますが
ポタポタと汗が落ちてきました。

 

世界遺産08熊野古道を歩くと確かに結構しんどいのですが
神聖なものは感じます。

これを言葉で表現するのは難しいのですが
ん〜、鳥肌が立つ少し前の感じ似ていて
感情をコントロールできないもう一人の自分が
何かを感じているような・・・

世界遺産09そんな不思議な感覚に
とらわれますね。

都会に住んでいると
森の中を歩くという体験自体
非日常ですから
たまにそういうところを
歩いてみるのも気分転換になると思います。

森林で働いていた頃は
森を歩くのは日常だったんですが・・・

■関連記事

世界遺産熊野古道、エコツーリズム那智の滝

ランキングに参加しています。明日への活力よろしくお願いします。。。

省エネ快適エコライフトップへ


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●