トップページ省エネ節約術:生活クリーンエネルギーとしての太陽光発電について【省エネ快適エコライフ】
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



省エネ節約術:生活

石油、石炭、天然ガスなどの資源は
いつか枯渇してしまいます。
今日は、枯渇しないクリーンエネルギー
太陽光発電を取り上げてみます。

その前に、ランキングのご協力を!

枯渇しないといっても
太陽が燃え尽きてしまったらそれまでです。
太陽がその役目を終えれば、
太陽系自体の寿命ということでしょうけど
それがいつになるかはまさしく天文学的数字ですね。

太陽光発電は太陽の熱エネルギーを電力に変えるということ。
その仕組みは
新エネルギー財団『もっと知りたい身近な新エネ/太陽光発電
に詳しく書かれていますので、そちらへ。

その太陽光発電のメリットとデメリットを考えてみます。
まず、デメリット。

●エネルギー密度が低いということ。
つまり火力や原子力と同じエネルギーを得ようと思うと
広い面積がいるということです。

●季節、天候に左右される

●コストが高い

一方メリットの方ですが

●枯渇の心配がない

●クリーンなエネルギーでCO2を排出しない
厳密には太陽光パネルを作るのにエネルギーが要りますから
その分CO2を排出することになります。

●その他の有害な物質や騒音も出さない。

●燃料費ゼロ。
また、余った電力は電力会社が買い取ってくれる。

●個人で扱え、メンテナンス不要。

●社会・経済的効果がある。
日本のエネルギー資源は海外での依存度が高いので
太陽光発電は日本の雇用を生む。

もっと詳しく知りたい方は
グリーンピース・太陽光発電とは?をご覧下さい。

石油にしても石炭にしてもいつかはなくなります。
今は、ホントになくなるの?って感じですが
米びすの底が見えてきたら
おそらく大変な状況になるように思います。

ですから、今後太陽光発電は普及する方向により進むでしょう。
それが、コストダウンにもつながって
更なる新しい技術開発の発展へと進んで欲しいですね。

太陽エネルギーは私たちが必要なエネルギーの
1万倍以上といわれているのですから・・・

気に入っていただけましたらランキング

■関連記事

クリーンエネルギー

省エネ快適エコライフトップへ


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●