トップページ省エネ節約術:バス、トイレエコキュート(次世代給湯システム)とは?【省エネ快適エコライフ】
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



省エネ節約術:バス、トイレ

エコキュート、最近よく聞くこの可愛らしい名前の本名は、
CO2冷媒ヒートポンプ給湯器という名前なんです。
そう、エコロジーな次世代給湯器なんですね。
どこが、次世代なのか見ていくことにしましょう。

エコキュートは、火を使わないんです。
普通お風呂のお湯だとか、湯沸かし機のお湯だとか沸かすのに
ガスや灯油を使い火や電気で直接暖めますよね。
でも、エコキュートは違います。
エコキュートは、地球の空気でお湯を沸かすのです。
空気でお湯を?
そう空気でお湯を、正確には空気の熱を利用してですね。

では、実際エコキュートはどのように空気でお湯を沸かすのでしょうか?

エコキュートは、空気の持つ熱を利用するのです。
空気から熱を取り込んで圧縮すると、高温になります。
この高温の熱で90℃のお湯を作るわけです。

イメージとして掴みにくいですね。
中部電力のサイトに分かりやすい図があります。
これがエコキュートの仕組みです。

まだまだ、エコキュートのいいところはあります。

空気を熱に利用する技術をヒートポンプ技術といい、
エコキュートの技術は、エアコンなどの技術を応用したものです。
しかし大きく違うのは、エアコンなどの触媒はフロンを使いますが、
エコキュートは二酸化炭素を使います。

フロンは、オゾン層を破壊するといわれています。
ですので、フロンを使わない分、地球に優しいと言えるでしょう。
そして、エコキュートが触媒として利用するCO2ですが、
工場などで排出される副生ガスの再利用です。
リサイクルですね。

そして、何より電気の省エネルギー。
約3分の1の電気で済みます。
家庭の使用エネルギーの約3分の1が、給湯です。
その3分の2が削減されるわけですから、大きいですね。

しかも、夜間の電気代の安いうちにお湯をわかします。

機能も多様で、全自動・セミオート等種類もあり、
台所、お風呂場からのリモコン操作です。

さすが、次世代給湯器エコキュート

言い忘れてました。
更に、エコキュートには補助金制度もあるのですよ。
詳しくは、財団法人ヒートポンプ蓄熱センターへ。


ランキングに参加しています。
よろしければ、おひとつお願いします。

省エネ快適エコライフトップへ


省エネ快適エコライフ目次へ


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●