トップページ省エネ節約術:キッチン可燃ごみを減らそう【省エネ快適エコライフ】
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



省エネ節約術:キッチン

私の地域は、可燃ごみの収集が火曜日と水曜日にあります。
そして、いつもたくさんの可燃ごみが指定のゴミ袋に満杯です。
一体どこから、こんなにゴミが出てくるのでしょう。

その中でも多いのは、生ゴミ系ですね。
食材の切れ端や食べ残し、冷蔵庫の奥に長い間放置されたカビの生えた食材などです。
あと、食品の包装、パッケージ等。
このようにたくさんのゴミが、毎日生まれます。

今は田舎暮らしですので、生ゴミは畑の肥やしになりますけど・・・
都会暮らしのときは、そうはいきませんでした。
ある人に言わせると、その生ゴミが水分を含んでいるので、ゴミの量が増えるということです。

ですので、水分を含ませないのがゴミを減らすコツだとか。
例えば、長ネギ。
緑の部分は、出汁にすることはあっても食べることはないですよね。
それと、根っこの部分も。

先ず、洗わずに不要部分を切りそのままゴミ箱へ。
その後、水洗いします。
ものによっては、先に切るとばらばらになって、洗いにくいものもありますが・・・

食べ残しも排水口に流さずに、そのままゴミ箱に捨てます。
そうすると水分の量が違いますから。
でも、一番いいのは食べ残さず、食べきることですけどね。

今は、食べ残しは飼い犬にあげてます。
味の濃いものは犬にはいいことはないのですが、ガツガツ食べてますね。
すごくハングリーです。

あと、発泡食品容器や牛乳パックなどスーパーでリサイクルしているものは、スーパーに持って行きましょう。
少し邪魔くさいことが、ゴミを少なくすることにつながります。
少し邪魔くさいことが邪魔くさくなくなれば・・・
ゴミは・・・確実に・・・減っていきます。


ランキングに参加しています


省エネ快適エコライフ目次


省エネ快適エコライフトップへ 


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●