トップページ環境問題:ゴミ紙のリサイクル【省エネ快適エコライフ】
環境適応車、ISO50001、燃料電池、ヒートアイランドなどなど
分かりそうで分からない、最近よく使われる言葉
いろいろ調べて、分かりやすく解説できたらと思っています。

エコライフ
エコ



環境問題:ゴミ

紙のリサイクルは、奈良・平安時代から行われていたようです。
紙は貴重のものだったのですね。

以前は、ちり紙交換のトラックがよく回ってきてましたが、あまり見なくなりましたね。
最近は、住民団体による共同収集が多いようです。

オフィスででる紙のゴミは、大量です。
これを可燃ごみとして出さずに、リサイクルすればゴミの量はかなり減ります。
古紙1トンで、紙の原料となる材木(直径14センチ、高さ8メートル)20本分節約できるんです。
しかも、材木から紙を作るよりも古紙から紙を作ったほうが、70〜75%もエネルギーの削減になります。
ですので、古新聞古雑誌はリサイクルに出しましょう。

2003年の古紙回収率は、約66%です。
回収された古紙の利用率は、61%で、年々上昇傾向にあります。

ただ、古紙再生紙はものによって、再生紙を利用していない紙より高いものがあります。
消費者としては、安いものを買いますよね。
ですので、最近は古紙の配合率がわかる「再生紙利用マーク」や古紙再生紙であることを示す「グリーンマーク」を制定して、再生紙を利用してもらう取り組みがなされています。

もし紙を買い機会があれば少し高くても、そういうマークの入っている再生紙を買いたいですね。
そうすることでリサイクルは進み、エネルギーの節約にもなるのですから。

参考文献省エネ編 地球環境にやさしくなれる本

ランキングよろしくお願いします。

省エネ快適エコライフ 管理人 山猿


エコ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
●カテゴリー●
エコライフ
省エネエコライフ
●リンク集●